【SL保存機探訪・その10】D51-303

疲れた時は原点回帰!
というわけで、私の機関車好きの原点とも言える、
D51-303号機を再び見に行ってきました♪


画像

幼少期、今は亡き祖父さんや、両親に連れて来てもらった
鳥取砂丘こどもの国・・・

ここに保存されているデゴイチです。


画像

うわ~
やっぱり1年でさらにボロボロになっている・・・苦笑

ぜひとも、この機関車を鉄道模型で再現したいと思っていたのですが、
レボリューションファクトリーから303号機のナンプレが出ているのを発見!!


今回はその模型化の資料集めも兼ねての来訪です。


画像

まずはデフから・・・
形状は標準の形ですね。


画像

点検窓は閉められているタイプ・・・
角が四角い点検窓っぽいですね。


画像

動輪~
なぜかこの部分はとても綺麗w

赤いロッドですね~


画像

模型でこの部分を塗るとなると大変そうだな・・・苦笑


画像

キャブ~

タブレットキャッチャーは、本州の標準タイプですね~

そしてナンバーぷr・・・


Σ( ̄□ ̄;)!!


え?


ええええええええ!!!!!


「14年・川車」のプレートが・・・

(゚〇゚;)ぽか~ん...



今回撮影しなかったので、
前回の写真に再登場してもらいましょう・・・

画像


騙された!!! <( ̄∀ ̄*)>

日立じゃなくて川崎車輌が製造じゃん!!!!!!


色々調べると、確かに
昭和14年、259~309号機は川崎車輌が製造担当をしていますね・・・
(日立は310~359号機)

私にとっては今年一番の発見になりました・・・w


画像

気を取り直して、観察を続けましょう・・・

テンダーです。
ヘッドライトは小さめのタイプですね。

テールランプは・・・多分2個付いていたのでしょうね。
このひさしが証拠だと思います・・・


画像

・・・そういえば、ずっと昔・・・

片方のテールライト、
地面に置かれていたのを見たような記憶が・・・苦笑

以来、すっと1個だったような・・・


画像

キャブの内部・・・

うわ~すごい綺麗に手直しされているよ~

昔はボロボロでしたよw

特に、椅子なんかは、綿が飛び出していたりで~
(紺色地だった)


画像

こちらがテンダー側・・・

ここから石炭を積む部分に入ることが出来たのですよね~
この部分も良い遊び場でした~
懐かしい・・・


画像

なんの装置かわからないけど・・・
ごっついのも付いていました・・・

これがATS用の発電機??


画像

この白い線は現役時代も入っていたのですかね??

中央部は、白い線の入った機関車、存在しましたから・・・
きっと入っていたのでしょうね・・・

(うろ覚えですけど・・・白帯は客車牽引機だったような・・・)


画像

そして、このボイラーの縦の線は・・・
これはきっとお召し機を意識して、
塗りなおしの時に入れられたものでしょうね。

今のこの姿を再現するか、
過去の姿を再現するか・・・


画像

今まで色々と調べてみたのですが、
303号機の現役の姿を見つけることが出来ませんでした。

過去の姿を再現と言っても想像になってしまうのですよね・・・


画像

この機関車の経歴を見る限り、
多分、鷹取式、もしくは後藤式の集煙装置を装備していたと思う・・・


画像

この動輪の綺麗さは見とれてしまいますね~♪♪

当初の計画では、KATO製のD51に、
各社の改造パーツをつけて再現するつもりでした。

でも、ここまで思い入れが入ってしまうと・・・

思い切ってリアルライン製を改造しようかな・・・
なんてことも考えてしまう・・・

う~ん、色々と悩むことばかり・・・


画像

近くを散歩していた猫にどっちが良いか聞いてみたのですが、
そっぽを向かれてしまいましたw

まぁ、
ああでもない、こうでもないと考えている今が一番楽しいかもしれませんw


画
像

どんな形であれ、必ず再現をすると言う事を誓い、お別れです・・・


画像

自分にとっては大事な1機なので、
遠い地ではありますけど、定期的に足を運べたらな・・・と思います。


画像

追伸
帰りは砂丘を強行突破w

だって、近道なんだもん・・・w




D51-303
昭和14年11月 9日 川崎車輌株式会社(だと思う・・・)

主な経歴
昭和14年11月16日 吹田第一機関区
昭和20年 9月30日 福知山機関区
昭和33年 9月 4日 鳥取機関区
昭和44年 9月30日 米子機関区
昭和48年 3月 1日 引退

地球51.8周

保存場所
鳥取県鳥取市
鳥取砂丘こどもの国

撮影日09年12月11日

前回の訪問 08年10月23日
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200911/article_6.html





【SL保存機探訪】インデックス
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200911/article_11.html


当ブログは、にほんブログ村に参加をしております。
(別窓で開きます)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ

この記事へのコメント

2009年12月16日 15:22
文面を見ててジーンときてしまいました(泣)
思い出のあるD51なのですね~(^-^)
私も小さい頃今は亡き祖父にC57-1が牽くやまぐち号に乗せて貰いとても思いれのあるカマだったりしますね~是非模型で再現して下さいね~(^-^)
2009年12月16日 18:52
ケツのほうが痛みが激しそうですね。
何気に牛猫がいてましたなw
2009年12月16日 22:02
今晩は、ご無沙汰してます。
SL巡業の旅素晴らしいです・・・
人それぞれ展示車でも思い出はいっぱい詰まってますよね・・・
2009年12月17日 22:00
雨ざらしは傷みが激しくなりますね。
2009年12月18日 01:14
どうも、こんばんは(^-^)
D51-303号機は確か川崎車輛製でしたよね。
でも、色が変化してますね。
2009年12月21日 00:17
屋根をつければ、もう少しがんばれそうな気はしますが・・・。
それにしても記録って、伝言ゲームみたいなものなのかもしれませんね。
まつぼっくり99号機
2009年12月29日 16:07
地元の思い入れってのはみんなありますよね。
それに砂丘に蒸気なんてちょっとオシャレじゃないですか(^^)
模型で是非再現してください。
2010年01月26日 19:32
てんてんさん
思い入れのある機関車ゆえ、熱が入ってしまいました~
模型化は…熱がさめかけなのはご愛敬~w
まあ、鉄活動再開すれば~
^ロ^;
2010年01月26日 19:34
としおちゃんさん
テンダーの配管なんか腐食していましたからね~。
猫は話し掛けたのに逃げられました…泣
2010年01月26日 19:37
千葉ンプさん
こんばんは(・∀・)ノ
レスが遅くなり失礼いたしました。
ネタ不足のためSL巡礼です…苦笑
この機関車は、近くて遠い存在なのでなおさら思い入れが深いです~
2010年01月26日 19:40
クッキーさん
防砂林があるといえ、海風と砂の攻撃がありますからね~
2010年01月26日 19:43
けんまるさん
こんばんは(・∀・)ノ
レスが遅くなり失礼いたしました。
はい、機関車にしっかり川崎製と刻まれていました。
私にとっては大発見です。
2010年01月26日 19:46
kanaさん
こんばんは(・∀・)ノ
確かに屋根とかあれば良いのですけど、維持費用とかも掛かるでしょうから難しいのでしょうね~。
それにしても、どこで間違えたのでしょうね?w
2010年01月26日 21:05
まつぼっくり99号機さん
こんばんは(・∀・)ノ
レスが遅くなり失礼いたしました。
はい、やっぱり地元自体に色々思い入れありますけど、なかでも長く残っているものは特別ですね。
再現は…砂丘で再現するのも面白そうですね~

この記事へのトラックバック