行って来たよ!日本海!(2)

続き・・・

前回
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200706/article_19.html

と言うわけで、高速を下りて、5分走ったら撮影地に到着。

海が見える場所・・・
良い場所なんだろうな~
と期待をしていったのですが・・・


場所は国道のすぐそば・・・

撮影ポジションによっては横は大型車が引っ切り無しに走る場所・・・

歩道が広いので、安全といえば安全ですが・・・
予想以上にうるしゃい・・・o(`ω´*)o


撮影地ガイド 鯨波~青海川その1
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200706/article_20.html


さらに・・・
朝方、光が全然捉えきれずに良い写真が撮れない・・・

画像
5:38 4071レ

EF510 レッドサンダー牽引の貨物列車。
この機関車は関東地方では見ることが出来ません~

こいつも撮影したかったのですが・・・
ピントがずれているし・・・
電柱の影が機関車に掛かっちゃってるし・・・

出だしからなんとも最悪な気分です・・・


画像
5:53 76レ

トワイライトの前の露払いの列車・・・
こいつは、昨年もレッドサンダーの担当でした~

でも、写真は・・・
ピント合って無いし・・・

カーブの所にある民宿の庭で焚き火をしているし・・・

ボロボロ・・・


画像
5:59 8002レ

来たよ!来たよ!!!!
寝台特急トワイライトエクスプレス!!!
今回、こいつを撮影したかったのですよ!!!!!!!!!


画像
5:59 8002レ

そして、これが撮ってみたかった構図・・・
やっぱり逆光は辛いなぁ・・・

海も全然入っていないし・・・



期待が大きかっただけに、ショックも大きく・・・
この時点で、滅茶苦茶帰りたくなる・・・苦笑



でも、帰りませんでしたけどね・・・

続く・・・
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200706/article_23.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2007年06月20日 20:29
遠征時にしくじると結構凹みますよね(^^;しかし、それが次回の糧になるのですよ。私の場合は・・・きっと・多分・かなぁ
焚き火は・・・orz
2007年06月20日 21:02
EF510いい感じですな…
トワイライトの逆光は厳しいロケーションですな…
2007年06月20日 22:33
>しろの湯さん
今回、かなり期待をしていただけに、凹み方が半端ではありませんでしたw
でも、焚き火は・・・ねぇ・・・w
山の上から見ていて・・・(; ̄▽ ̄)/おいおいとか思っちゃいました・・・

>としおちゃんさん
早い時間はちょっと厳しいです・・・
今、この場所は、EF510が早朝か夜にしか通らないので・・・
かなり厳しいです・・・
トワイライトの逆光は、寝台列車の宿命ですね・・・
2007年06月21日 00:22
今晩は。
お疲れ様でした。
リベンジはいつですか?
5:59・・・
う~ん泣ける・・・
涙が・・・
のちほど・・・
2007年06月21日 00:24
こんばんは。遠征オツカレさまでした~♪
レッドサンダーカッコイイですね~♪今度、プラレールでも、今月発売される予定なんですよ♪
2007年06月21日 18:25
>千葉ンプさん
すぐにもリベンジに行きたいのですが・・・
ガソリン代込みの往復が・・・1万を余裕で越えるので・・・
やはり来年まで無理そうですね・・・
連休が取れれば18きっぷで行くのですがね・・・

>みいさん
ありがとうございます~
プラレールでもレッドサンダー出るのですか??
関東では見られない機関車ですからね~
早く配備が進んで常磐線でも見たいものです~
小さな雨雲
2007年06月22日 07:09
そうですね・・・何時もの写真より覇気が無い感じがしますね。
ナゼなのかな??
一番上の写真好きだけど、影が邪魔ですよね。
写真って難しいなぁ
2007年06月22日 11:59
>小さな雨雲さん
やっぱり感じますか??
なんとなく理由はわかっているんですよ・・・
カメラの所為です。
一眼レフカメラって、レンズの部分を交換することが出来るのですが、普段は望遠レンズを使っているんですよ。
今回は景色も入れたかったので標準レンズを中心に撮影をしていたのです・・・。
どうも、標準だと電車にピントがあわせづらくて、その所為だと思います。
腕のある人なら、カメラの設定とかでどうにかしちゃうのでしょうが・・・
本当に写真って奥が深いです・・・

この記事へのトラックバック