GPSで列車制御??

そんなニュースを見かけた・・・

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070521k0000e040081000c.html

今のATSに変わるシステムとして開発中だとか・・・


機械とかコンピューターとか・・・
そういうのに疎いのであまり専門的なことは判りませんが・・・



でも、なんかパッと来ない・・・


今の所、ある程度正確だから、応用しようと言うことなのでしょうが・・・


万が一、ずれたらどうなるの??

人工衛星壊れたらどうするの???

トンネルとか地下はどうするの??????

前に電車が居ない状態で踏切事故とか起きたらどうするの??




周りの状況などを知るためなど
運行の支援として使う分には有用だと思いますが・・・
ATSに変わるものとまで行くのはちょっと危険じゃないのかな??

と、素人のドラ猫くんは思うわけですよ・・・


ちょっと気になったので・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月21日 20:22
いっそうのこと自動車に付けてしまったら?
速度違反で検挙できない警察は商売あがったりになるから、車の保安装置本気で開発しませんな~…お役所はへんなことするの好きですね、大型トラックだけ90キロのリミッター装着義務付けたりするし、乗用車も100キロのリミッター付けないと意味がないと思うのだが…国庫の予算が絵が描いてあるからある程度速度違反を検挙しないとダメですからね、こういうことを警察は隠蔽したがりおるけど、ノルマほんとうにあるみたいですね。おっと、話が脱線しました…
2007年05月21日 20:52
>としおちゃんさん
車の保安装置の方を先にしてもらいたいですよね。
安全運転しているのに、巻き添え食らうのは勘弁ですからね。
やっぱりノルマあるのですか・・・
妙にやる気満々の白バイとか居るのはその所為ですか・・・苦笑
2007年05月21日 22:17
簡単に言えば、ATS-Pのパターン制御を地上子でするのではなくGPSの位置データで行うというものですね。

確かに地上設備に莫大な資金がかかる現行のATSと比べれば、財政的に苦しい地方民鉄にとっては有効だといえますね。

まぁ、これからテストをして問題解決するわけですが……
まぁ、間違いなく地下鉄では使わないでしょう。今後開業する地下鉄は全てATOかATCでしょうし……
踏切については現在の障害感知装置でいいでしょうし……
たぶん、電波が取れないときには車のGPSと同じで自立管制制御になると思いますけど……
2007年05月21日 22:38
>知佳さん
なるほど、私が心配する以上に技術が発展しているのですねw
採用されるにしろされないにしろ、これからテストをして事故防止につながると良いですね。
2007年05月22日 00:29
DMVにつければ,連結運転できない場合でも,車間距離が保てて続行運転が容易に出来ると思います.
ちなみに,小田急の通勤車にもダイヤ乱れの場合に編成現在位置を把握する目的でGPSが取り付けられていますが,あまり効果を発揮していないように思われます.
2007年05月22日 01:47
>ツキだっ!さん
 なるほど、そのような使い方もあるのですか・・・
意外に広がりそうな技術なのですね・・・

小田急には装備済みですか・・・
でも、編成位置がわかっても減速のタイミングが判るだけでダイヤの乱れの解消にはつながりそうもありませんね・・・
(詳しくは判りませんが・・・)

この記事へのトラックバック