機関区シリーズ(黒磯機関区)

機関区シリーズ、続けますよ~。

第5回
JR貨物 黒磯機関区


栃木県の黒磯駅構内にあるのが黒磯機関区

画像


ここには機関庫等の整備の施設は無く、留置と乗務員の施設があるだけです。

しかし、黒磯機関区の最大の特徴は

画像


直流機と交流機(交直流機)が集まるところですよね。
黒磯駅において、直流機と交流機の交換が毎日行われています。

画像


ホームの宇都宮側にあるのが直流機の留置線。(黒磯駅ホームから撮影)
吹田のEF66、岡山のEF210、新鶴見のEF65、EF210、高崎のEF65、EF64-1000がやって来ます。

画像


駅から徒歩5分の歩道橋より撮影。



こちらから見ると機関区という感じがします。

画像


ホームに居ながらにして、貨物との連結風景を目の当たりに出来ます。

画像


機関車のバック(後進)って凄いですよね。
機関士さんも後ろを向きながら、合図を頼りにミリ単位で動かすんですからね・・・

右に写っている白い壁が黒磯機関区の建物。

画像


福島側にあるのが、交流機の留置線。駅から徒歩3分の踏切より撮影

画像


仙台のED75、EH500がやって来ます。
ここから北は、赤い彼らが主役です。

画像


駅のホームから見る交流機の留置線と引込み線。
ちょうど、留置線からEH500が、引込み線からEF66がそれぞれ出てきたところ。
前者は、ホームで待つ貨物列車に連結され、後者は機回し線を通って、直流機の留置線に。

というわけで、黒磯駅はホームで見ているだけで面白い!!!!


第1回 田端運転所
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_21.html

第2回 大井機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_23.html

第3回 新鶴見機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_24.html

第4回 高崎機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_34.html

第5回 黒磯機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_39.html

第6回 水戸機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_40.html

第7回 長岡車両センター
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_41.html

第8回 仙台総合鉄道部
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200703/article_11.html

第9回 愛知機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200703/article_45.html

第10回 福井地域鉄道部敦賀運転派出
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200708/article_36.html

第11回 門司機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/200812/article_25.html

第12回 富山機関区
http://doranekohimeneko.at.webry.info/201003/article_9.html

第13回 富山地域鉄道部富山運転センター
http://doranekohimeneko.at.webry.info/201003/article_10.html

第14回 広島車両所蟹屋派出
https://doranekohimeneko.at.webry.info/201908/article_3.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月21日 22:43
こんばんわ(^^)やっぱ、いつ見てもEF200は、かっこいいですね。66も魅力あるけど、でも生き方を見習うとすれば、EF81ですかねぇ???
交直両用可能だから、電気架線がある所、どこでも、行けちゃうんだから
私も今後、そのような生き方してみようかと・・・←意味不明?
2006年08月21日 23:29
黒磯は今日通って機関車交流機、直流機とバラエティーにとんでますな…。桃太郎も来てるです。
ばあ
2006年08月22日 03:03
なんかカワイクなってる!!  内容に合ってないかもだけど!! ワシも人のこと言えなかったりするけど!!

ついでに猫ハァハァ
あささけ ひるね
2006年08月22日 08:57
おはようさんヽ(^o^)丿 黒磯ですか?オイラのかぁちゃんの田舎の臭いがしてきますよ\(◎o◎)/!その臭いを嗅ぎ付けてやってきました☆彡
活き活きしていますね!写真の中の機関車が・・・
みいさんに話しかけてよろしいでしょうか?・・と言うより話しかけます(^_-)-☆ そういう生き方って蛙のような両棲類になりたいの??
いいよね!?オイラ泳げないから海が怖くなくなる\(^o^)/
2006年08月22日 11:44
>みいさん
え~っと、今回200と81の話題はしておりませんが一体何所から・・・www
と、突っ込みは置いておいて・・・EF81はそれを考えると本当に優等生というかエリートですよね。
みいさんもカエル目指して・・・いや、エリート目指して頑張って下さい・・・

>としおちゃんさん
北斗星2号が黒磯を通過する時間は、ちょうど早朝の貨物ラッシュの時間で、多くの機関車が黒磯に集結している時間ですね~。今度は撮影する側でなく、乗り鉄側見てみたいものです。

>ばあちゃん
でしょ?
ここにコメントを下さる周りの皆さんが変更をされていたので、自分もしちゃった~
内容とは・・・きにするな!!!w

>朝酒さん
黒磯辺りまで行くと本当に空気が良いですよね~
この機関区は、上の記事でも書いたとおり、貨物を引っ張ってきた機関車が交代をして休憩をする場所なので、私には仕事後で疲れながらも達成感を満喫している機関車たち・・・そんな風に見えてしまいます。
2006年08月22日 23:28
来ましたね~黒磯!幼い頃、交直切換のためとは知らずに、電車の中で「うわっ!停電!?」と驚いていたものでした( ; ゚Д゚)。
赤色と青色のハーモニーがとても素敵です☆
2006年08月23日 12:09
>GTSさん
以前はホームで1回電機を切っていたようですね~
その当時乗ってみたかったものです。
黒磯は赤と青のハーモニーが本当に楽しいです~♪
近いうちにまた行きます~♪
かっしー
2015年04月27日 12:36
はじめましてEF65は汚れが酷いですよね

この記事へのトラックバック